体を鍛えるために精子を溜めた最強ボクサー!!



今回の話は伝説的な最強ボクサーのお話です!

強靭な肉体を作る、試合に向かう闘争本能をかきたてるために昔から禁欲は絶対とされてきました!

そしてそれを実行した最強のボクサーこそ、「蝶のように舞、蜂のように刺す」という名言でも知られているモハメド・アリです!
e9b1738925b3b5726297b01cdd787b5a

彼は試合前や体を鍛える際は徹底して禁欲し、体内に精液を常に満タンにしていたんですが、これがもっとも苦しかったと自伝で伝えています!

ではなぜ禁欲することにより強靭な肉体を作り出すことが出来たりするのかしっていますか?

男性は射精の際にプロラクチンとオキシトシンというホルモンが出るんですが、プロラクチンはコルチゾールという筋肉を分解する作用のあるホルモンを活性化させてしまうんです!

つまり、せっかく今まで鍛えてきたのに射精することにより分解されてしまうと言うことです!

更に!

精液に含まれるアルギニンや亜鉛なども放出されてしまうので、かなりエネルギーが減ってしまうのです!

男性にとって禁欲はかなり辛いことですが、トップアスリートになるためには禁欲は必要不可欠なんですね!

ちなみに、長期に渡るオナニーや射精のしすぎは、短小や包茎、勃起力の低下にも繋がるといわれています!

あなたがペニス増大に本気で取り組むならモハメド・アリのようにストイックに禁欲して、さらにヴィトックスαを服用すれば効率的にサイズアップできますよ!

禁欲。。。

おれは無理かも。。。笑

ヴィトックスαの購入はこちら

コメントを残す